白いおこじょの気になるニュースブログ

社会不適合者の筆者が関心事についてまとめています。

東京ディズニーランドは1日いくら儲けているのか?

 新型コロナウィルス感染拡大を抑えるべく3回目の緊急事態宣言が出されて早1週間が過ぎました。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

せっかくのGWに自粛生活を余儀なくされて残念な思いをされている方も多くいらっしゃるかと思います。

 

普段から外出自粛生活者(引きこもり)な私にとっては例年と変わらないGWなので共感は出来かねますが・・・

 

 

 さて、本日は三度目の緊急事態宣言を受けてふと疑問に思ったことについて調べていきたいと思います。

 

その疑問とはズバリ東京ディズニーランドって1日でいくら儲けているんだろうか?」というもの。


f:id:millemele_smile:20210517183836j:image

 

 

☆膨大なお金が動く施設!一体いくら設けているのだろう?

 なぜこのようなことを考えるに至ったのかと言えば、緊急事態宣言に伴い東京ディズニーランドが入場制限を設けたとのニュースを目にしたから。

 

なんでも2021年4月20日から東京ディズニーランド&シーの入場者がそれぞれ原則5000人程度に制限されているそうで、そうなるとかなり売り上げも下がるんだろうなあ、と要らぬ心配をしていたのがキッカケです。

 

「普段どのくらい入場者がいるのか知らないけれど、たった5000人しか来場しないってやっていけるのか?」

 

「仮に1人あたり1万円使ってもらったとして5000万円か・・・」

 

「あんな広大な土地だ、土地代だけですごい維持費がかかりそう」

 

「それに従業員も相当な人数いるだろうし人件費も・・・」

 

「ん?でも細かいこと抜きにして1日5000万円以上ものお金が動く施設ってすごくない!??」

 

そんなぼんやりとした思索に耽っていたらだんだん気になってきてしまったので調べることにしました。

 

というわけで東京ディズニーランドの儲けについて調べてみたので気になる方はどうぞ最後まで見ていってください!

 

 

☆通常の東京ディズニーリゾートの来園者数はどのくらい?

 私の調べでは詳細な来園者数のデータが見つけられなかったため、おおよその予測ということになるのですが、コロナ以前の年間来園者はランド&シー合計で3000万人以上にのぼるようです。

 

これを単純に日割りすると、1日あたり約8万人以上!

 

実際の来園者数の詳細は分からないのでもっと多いかもしれません。さすがディズニーといった感じですね。

 

☆通常のディズニーランドの儲けはどのくらいなのか

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの発表した2018年度(コロナ以前)の決算短信によると純利益が811億円となっている。

 

これを単純に日割りするとコロナ以前のオリエンタルランドは1日あたり2億8000万円以上の純利益を生み出していたことになりますね。

 

純利益は、総売り上げから従業員や施設の維持費などを引いた額になるので、実際の総売り上げはもっと凄い事になっていそうです。

 

さらに言えば、実際にはディズニーランド&シーのほか、ディズニーアンバサダーホテルや複合型商業施設などの利益も合わさっているので細かい数字は分からないのですが、

 

細かい話は抜きにして、仮に上記の1日平均来場者の8万人が1人あたり1万円使ったとしたら、1万円×8万=8億円になるので、おおよそ1日に8億円くらいのお金がランド&シーの園内で動いていると思って良いかもしれません。

 

巨額すぎてよく分からなくなってきました笑

 

ディズニー凄過ぎ!!

 

 

☆まとめ(概要をまとめたのでさっくり読みたい方はこちらだけ目を通してください。)

 

・コロナウィルス感染拡大防止のためディズニーランド&シーの入場者数が各々5000人に制限されている。

 

・コロナ以前の入場者数はランド&シー合わせて年間約3000万人、1日あたり8万人を超える。

 

・その8万人が1人あたり1万円使用したと仮定すると、1日で8億円以上ものお金がランド&シーの園内で動いている計算!

 

・ディズニーランドしゅごすぎぃ!!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。